ssh2を利用するとwordpressのアップデートが便利になります。

phpでssh2を有効にする必要があります

yum -y install openssl-devel

# wget http://surfnet.dl.sourceforge.net/sourceforge/libssh2/libssh2-1.0.tar.gz
# tar zxf libssh2-1.0.tar.gz

# cd libssh2-1.0/

# ./configure

# make

# make install

pecl install ssh2

php.iniに
extension=ssh2.soを追加

$ cd ~/
$ ssh-keygen
$ cd .ssh
$ cp id_rsa.pub authorized_keys
$ cd ~/
$ chmod 755 .ssh
$ chmod 644 .ssh/*

このキーをwordpressに設定することで
実行可能となる

さらないwp-config.phpに

define(‘FTP_PUBKEY’,’/home/ユーザ名/.ssh/id_rsa.pub’);
define(‘FTP_PRIKEY’,’/home/ユーザ名/.ssh/id_rsa’);
define(‘FTP_USER’,’user1′);
define(‘FTP_PASS’,”);
define(‘FTP_HOST’,’localhost’);

を追加するとプラグインのアップデートで接続情報を聞かれなくなる