検索ウィンドウでdeveloper等と入力すると

「facebook developers」のページがリストに表示されます。

直接URLを指定する場合はhttp://www.facebook.com/developers/

このページで

Set Up New App画面右側にあるSet Up New Appを選択します。

次画面でアプリケーション作成の画面が開きます。

ここでは、アプリケーション名を指定し

規約に同意して、アプリケーションを作成をクリックします。

セキュリティチェックで画面に表示された文字を入力し

次画面へ進んでください。

この画面でアプリの基本情報を入力します。

言語:日本語

としこの時点では、他の項目は空欄で結構ですので。

Privacy Policy URLや規約も必要になりますが、ここでは割愛します。

必要に応じて、アイコン等を変更してください。

変更を保存を押下すると、基本情報が保存されます。

尚、これらの項目は後で変更できます。

また、この画面に戻るには

設定を編集をクリックしてください。

再度この画面で左側メニューの「facebook integration」を選択してください

こちらで

canvasページの設定等を行います。

canvasページはfacebookページに読み込むページです。

FBMLの場合と違い、別サーバにあるコンテンツを読み込みますので

そのページのURLを指定する必要があります。

canvas Page:facebookで指定するURL

canvas URL:http://example.com/フェイスブック用のアプリが参照できるURL

Secure Canvas URL:SSLを利用した場合のURL(無ければ必要無し)

Canvas Type:iframe(3/11で無くなるのでしょうか?)

iframe:スクロールバーを出すか、出さないかです。

下にスクロールして

Page Tabsの部分を入力します。

タブ名:左側のメニューで見える名前です。

Page Tab Type:iframe

タブのURL:変更を保存する前には[Canvas URL]のように表示されていますが、上記で設定されたディレクトリに引き続き、プログラムやhtmlまでのパスをここで指定します。

編集用URL:俗にいうadmin画面のようなものがあれば、こちらでそのURLを指定します。

変更を保存したら、次は右側にあるメニューより

Application Profile Pageを選択します。

ここで「?」の画像が表示されると思います

ここまでで基本的なアプリの設定は完了しています。

(キャンバスページ/index.php等のファイルはサーバに必要ですが)

左側のメニューの下の方

マイページへ追加を選択し

ご自分のファンページを選択したら組み込みは完了です。

ファンページへ移動し

画面左側のメニューを見ると、追加されたタブが表示されているはずです

iframe版のfacebookページを試してみてください。